ニキビ跡 色素沈着

ニキビ跡の色素沈着はシミのように見えて気になるものですよね。
ニキビの炎症の度合いや範囲によりますが、ニキビ跡の色素沈着は適切なニキビケアをおこなえばセルフケアでもキレイな肌を取り戻すことができるそうです。

ニキビ跡の色素沈着は、ニキビのタイプによって改善方法も異なるので、短期間でニキビ跡をキレイに治すためには、ニキビの種類と原因も含めて知っておいたほうが良さそうです。

まず、ニキビ跡の色素沈着は赤黒い紫色になるタイプと、茶色っぽくなるものの2タイプに分けられます。

赤黒い紫色のニキビ跡は、赤っぽくなるニキビができたあとになりやすく、腫れやふくらみが落ち着いて紫の斑点のようになり、強く押すと痛みを感じることがあります。

ニキビの炎症によって受けたダメージを、肌内部の細胞や毛細血管が受けることで、内出血するのが原因です。

茶色っぽくなるニキビ跡は、上記の紫色のニキビ跡の次の段階でなりやすく、触っても痛みはありません。

紫色ニキビ跡がある状態で紫外線を浴びたりすると、メラニン色素が沈着してできてしまうのがこのニキビ跡です。

つまりこのタイプのニキビ跡はそのままシミとなって肌に残ってしまいます。
どちらにしてもターンオーバーを促すケアが大切です。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ