大人ニキビ 治す

大人ニキビを治す、あるいは大人ニキビに悩む人の基礎化粧品選びで重要なポイントになるのが、肌が乾燥するおそれのある化粧品は絶対に使わないことです。

大人ニキビには、通常のニキビ用ではなく、「大人の」ニキビ用の化粧品を選ぶことが大切です。
ニキビ対策の化粧品にはいろいろありますが、10代のニキビケアと大人ニキビの治し方は違います。

思春期のニキビは主に皮脂の過剰分泌が原因なので、殺菌や乾燥を心がければ短期間で治すことが可能でしたが、大人ニキビは保湿が基本になるので、長期的に肌を保湿しながら改善していくことになります。

ニキビを治すためには、まずは基本となる洗顔を見直すことが大切です。
肌を乾燥させるのは、間違った洗顔が大きな原因であるといわれています。
にきびができると、どうしても洗浄力の強い洗顔料で念入りに顔を洗ってしまいますが、これが逆効果になるのです。

洗顔料に含まれる界面活性剤が必要な皮脂まで取り去ってしまい、肌の保護バリアが一時的にでもなくなると肌はたちまち乾燥します。
保護バリアを作るために一気に皮脂を分泌して、結局ニキビを悪化させることになってしまいます。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ