大人ニキビ 改善

大人ニキビを改善したいなら、思春期のニキビと大人ニキビの違いを知って、今できている大人ニキビをこれ以上増やさないようにしましょう。

思春期にきびは10代の思春期の頃にできるニキビの事です。
成長期に、成長ホルモンが皮脂腺を刺激することによって、皮脂の分泌が過剰になることが主な原因です。

皮脂が過剰に分泌すると、毛穴が詰まりやすく、アクネ菌が繁殖しやすい環境になります。
それがにきびにつながるのです。

20代を過ぎてホルモンバランスが整うと、自然に思春期ニキビはできにくくなってきます。
大人になってからできる大人ニキビは、原因が複合的なのが特徴です。
不規則な食事や睡眠不足、飲酒、喫煙、ストレス、間違ったスキンケア、化粧品の落とし残し、ホルモンバランスなどが関係しているといわれています。

いろいろな原因による肌のターンオーバーの乱れが、大人ニキビの主な原因です。
ターンオーバーが乱れると、古くなった角質が肌表面に溜まり、角質層が厚くなって毛穴が詰まりやすくなります。
そこに、乾燥や外的刺激、体の不調などが重なって大人のニキビができてしまうのです。

思春期ニキビは皮脂の多いTゾーンを中心に、大人にきびはフェイスラインや口の周りにできることが多いようです。

大人ニキビを改善するには、生活習慣を見直してストレスや不摂生の少ない生活を心がけることが大切です。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ