ニキビを治す方法について

ニキビを治す方法は一つではありません。
ニキビも思春期ニキビと大人ニキビでは治す方法が違ってきます。
大人にきびは、口の周り、あご、こめかみのあたりにできることが多く、毛穴が開いて黒い点に見えたり、毛穴が白く盛り上がって見えたりするのが特徴です。

過剰な皮脂が原因でできる思春期のニキビよりも治りが遅く、ニキビ跡が色素沈着になりやすいという困った点があります。
治りが遅い大人ニキビは、はじめからできないように予防することが大切です。

10代の頃にはニキビがあまりできなかった人も、大人にきびができることは良くあります。
また、10代の頃にはおでこや頬にニキビができていた人が、大人になってからフェイスラインの大人ニキビに悩まされることも多いようです。

大人ニキビは、様々な原因が複合して起こることが多いため、予防法も一つではありません。
大人ニキビができないように予防するためには、ストレスやホルモンバランスなど体の内側の問題を改善する必要もあります。

規則正しい生活や食事、心身のコンディションを整えることも重視しながら、大人ニキビのある肌に適した化粧品で適切なケアをおこなうことが、大人ニキビの予防のためには大切です。

ニキビ予防や、ニキビの改善のためにはできるだけ肌になにも塗らずに乾燥させた方が良いと思う人もいるかもしれませんが、大人ニキビの一番の予防法は、乾燥を防ぐことです。しっかり保湿しましょう。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ