ニキビ跡はレーザーで

ニキビ跡はレーザーで治療できます。
ニキビ跡の中で、もっとも重い症状がクレータータイプのニキビ跡です。

凸凹のクレーター状になったニキビ跡の特徴は、皮膚が滑らかさをうしない凸凹になる、指で触れてもボコボコしている、目立つ、ファンデーションで隠れない、といった点です。

肌内部にまでダメージが進んでいるので、完治するまでには時間がかかります。
ニキビ跡はどんな状態でも気になるものですが、特に女性はクレーター状のニキビ跡を気にする傾向にあります。

お化粧でも隠れないのですから、当然気になりますよね。
クレーター状のニキビ跡ができる原因は、ニキビ跡の放置です。
赤みがあるニキビ跡を放置すると、炎症が悪化して紫色の色素沈着になります。

その状態で紫外線などの刺激を受けると、今度は茶色の色素沈着にします。
それを放置すると、肌内部のダメージが表面に出てきてクレーター状のニキビ跡になります。
クレーターを治すためには、新しい皮膚組織を作るのが一番です。

思い切って、皮膚科でレーザー治療をするか、ターンオーバーを促すことに尽きます。
自宅でケアする場合は、ターンオーバーを正常化させ、保湿ができる大人ニキビ用の化粧水でしっかり肌に水分を与えましょう。

乾燥はクレーターの大敵なので、化粧水は惜しみなくたっぷり使いましょう。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ