ニキビ跡のクレーターと色素沈着

ニキビ跡 クレーターもつらいですが、ニキビ跡の色素沈着は、一見するとアザのように見えて赤みのあるニキビ跡より目立つのが特徴です。

ファンデーションやコンシーラーでカバーしようとしても、灰色っぽく浮いてしまって逆に目立つのが困ったところです。

肌の内側にもダメージが広がっている状態なので、悪化する前に改善したいところです。
色素沈着は、紫色のニキビ跡と茶色のニキビ跡に分かれます。
赤みがあるニキビ跡を放置すると、内出血のような紫色の跡になります。

さらに、紫色に色素沈着したニキビ跡を放置したり、紫外線を浴びることでシミやアザのような茶色の色素沈着になってしまうのです。

ニキビ跡の色素沈着には、ニキビケア用の化粧水で保湿し続けることがポイントになります。
ニキビ用の化粧品というと、思春期用のさっぱり系の化粧品をイメージしてしまいがちですが、最近は大人ニキビ用の化粧水や美容液もたくさんあります。
ビーグレンなどが代表的です。

こうした保湿効果のある大人ニキビケア化粧品を使用しながら、ターンオーバーを促進して古くなった角質を落とすことが、ニキビ跡の改善にはもっとも効果的です。

また、紫色の色素沈着ができているときは、外出時や洗濯物を干すとき、徹底的に紫外線対策をすることも大切です。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ