ニキビ跡消すメイク術・・・簡単!

ニキビがあるとお化粧がうまく仕上がりません。
本当はファンデーションなど塗りたくないのですが、ニキビを隠すためにファンデーションを塗らないと人前に出られません。
だから、よけいに厚ぼったい化粧をしてしまいます。

ニキビ跡を消すために、顔全体を厚塗りにしてしまっては、もう素敵なメイクどころではありませんよね。

できてしまったニキビやニキビ跡が治るまで、気長にお手入れをしながら、上手にメイクでニキビ跡を隠しましょう。

ニキビ跡を隠すための簡単なメイク術

下地

まず、グリーンやイエロー、ピンクなど、カラーコントロール機能のある下地を使って肌の色を整えます。
そうすると、赤みが目立つニキビ跡も目立たなくなります。

コンシーラー

次に、コンシーラーを使います。
コンシーラーは、ファンデーションより少し暗めの色を選んでください。
コンシーラーをニキビ跡につけたら、軽く指でなじませます。
これが、ニキビ跡をきれいに隠すコツです。

ファンデーション

ファンデーションを塗るときのコツは、ニキビ跡を完全に隠してしまおうと、顔全体に厚塗りしないことです。
赤みのあるニキビ跡には、スポンジをおさえるようにして乗せ、クレーター部分には、軽くポンポンとファンデーションを重ね付けするとうまくいきます。

パウダー

最後のパウダーで化粧崩れを防ぎます。
顔全体にパウダーを軽く重ねます。
パウダーが余分な皮脂を吸着し、ファンデーションやコンシーラーが崩れるのを防いでくれます。

お肌に合うパウダーが見つからないときは、ベビーパウダーやボディパウダーでも代用できて、きれいに仕上がります。

ニキビ跡をきれいに隠すコツ

メイクを丁寧にやりすぎて顔全体を厚く塗り過ぎないでください。

もし、カラーコントロール効果のある下地がお肌に合わない場合は、下地なしでコンシーラーから使っても十分綺麗に仕上がります。
コンシーラーが合わない場合は、少し濃いめのファンデーションをコンシーラーブラシなどで隠したいニキビ跡につけてみてください。

コンシーラーとパウダーだけでもナチュラルな感じに仕上がりますし、カラーコントロール効果のある下地とコンシーラーを使えば、簡単にキレイな肌に見せることが可能です。

気長にニキビ跡を消すお手入れをしながら、普段はさらっと「ニキビ跡を隠すための簡単なメイク術」でおしゃれを楽しんでくださいね。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ