ニキビ跡をキレイにするためは

ニキビ跡をキレイにするためは、まずは「ニキビ跡」とは何かを知ることが改善への第一歩です。

一言に「ニキビ跡」といっても、ニキビ跡の状態はいろいろです。
それぞれの状態を知ることで、自分のニキビ跡をどのように改善すれば良いのか、どのような治療をすればよいのかがわかってきます。

「ニキビ跡」の種類について

ニキビ跡の主な種類は、次のようなものです。

  • ニキビができたあとの赤み
  • 茶色のシミ
  • しこり
  • ケロイド
  • クレーター

ニキビができたあとの赤み

ニキビが悪化したときにつぶしたりすると、けがを治す時と同じように毛細血管が集まります。その毛細血管がニキビ跡の赤みとなって残っているのです。
この赤みはしばらくするとなくなります。

茶色のシミ

茶色のシミはニキビの炎症によって、表皮の一番下の基底層という所にあるメラノサイトが活性化し、必要以上にメラニンを作ってしまった結果です。

しこり

皮膚の表面に「しこり」となって残るニキビ跡の多くは、大人ニキビが悪化したものです。大人ニキビが化膿し、皮膚の奥の組織をこわしたため、組織が異常再生したことで、しこりとなります。

ケロイド

ケロイドになるのは、外皮が傷を受けた時におこる免疫システムが原因で、赤く盛り上がって傷跡を残します。
複数のニキビが同じ場所にできたため、何度も化膿し、ニキビとニキビの間が繋がって、大きなニキビ跡になります。
痛みやかゆみがある場合もあり、肌にデコボコをつくります。

クレーター

クレーターとは、ニキビが膿んだ状態が長く続いたために残ったニキビ跡をさします。
傷が深すぎて、皮膚の修復が追いつかずに、へこみとして残ってしまったものです。

ニキビ跡の違いにより、ニキビ対策が違ってきます。
ニキビ跡のタイプ別によって、適切な治療法を行っていくのが大切です。

ニキビ跡の治療法には、以下のような方法があります。
  • ビタミンC誘導体/イオン導入
  • ケミカルピーリング
  • レーザー治療

ニキビ跡を目立たなくするためには早めの対応が大切になってきます。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ