生理前のニキビ対策

生理前のニキビ対策について。
生理前になるときまってニキビができるという人は多いと思います。
生理とニキビにはどのような関係があるのでしょうか。

生理というのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌によって起こるものです。
黄体ホルモンの分泌が増える生理前は、女性の体にはいろいろな不調があらわれます。
むくみ、肌荒れ、頭痛、イライラなどのPMSもこの時期に症状が強く出ます。
黄体ホルモンは、皮脂の分泌を活発にする作用を持っているため、生理前になると毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなるのです。

生理前のニキビ対策としては、生理の2週間ほど前から脂分の多い食事を避けてビタミンをたっぷりとる食生活を心がけましょう。
この時期は肌の水分が奪われて乾燥しやすくなるので、保湿効果の高い大人ニキビ用の化粧水などでしっかり肌を保湿することも大切です。

生理が始まると、黄体ホルモンに代わって卵胞ホルモンの分泌が増えます。
この時期になると肌の新陳代謝が活発になり、肌のコンディションも良くなります。

ターンオーバーが活発な間にも、手を抜かずに適切なスキンケアを続けて乾燥を防ぎ、ニキビができにくい肌作りを目指しましょう。

ニキビ跡を消すためのおすすめはコレ
今あるニキビを治しながら、できてしまったニキビ跡がきれいになります。

≫≫ TOPページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ